”プライスラインは絶対に守りたい” | 繊研plus

”プライスラインは絶対に守りたい”

  • 2013年10月21日 11時54分更新

027065f11df0dc1d9d2a7f5343a5d565.jpg

 ユアサンクチュアリは、おしゃれな大人の女性たちの支持を集めるレディスセレクトショップ、ザ・シークレットクロゼットを運営する会社だ。40代の女性を中心とする、大きくはないが活発なマーケットを開拓し、引っ張る存在として注目されている。現在都内に3店の規模ではあるが、7年前に新しく興した会社が成功させた業態として、際立つ。セレクトショップのディレクターなどを経て独立し、ここまで築いた代表取締役の小野瀬慶子さんに話を聞いた。ーー繊研新聞9月18日付けより

 

■居心地のいい時間と空間を提供

 

――ビジネスの現状は。

 東京・神宮前と玉川高島屋SC、東京ミッドタウンの3店舗の運営とオリジナルの卸で、卸し先は百貨店のほか、地域一番店と呼べるような、ファッションが本当に好きな顧客を持っている専門店です。ですが3店がしっかり稼働している今、卸売りの実績は全体の5%程度。90%強が小売りでの売り上げになっています。直営店の商品構成は、秋冬の実績ベースで仕入れが65%、「ザ・シークレットクロゼット」「ザ・シークレットクロゼット・チャーム」の商品は35%です。

 ただ、オリジナルは35%とはいっても、特にSCで当たっていて、人気品番は店に出してすぐにソールドアウトという傾向が強く、次のシーズンまで待っていただくものもあります。企画生産チームを確立して、それとともにオリジナルを少しずつ拡大していく予定です。

――それぞれの店は。

 07年に店を始めて13年9月期で6年になりました。神宮前の店はしっかり伸びていて、今年も前年比6%増です。玉川高島屋SC店は、最初の1年は苦戦するかもしれないが、お客がついてきたら変わると言われていましたが、その通りになっています。この9
月は前年比20%強の伸びで、顧客もできました。まとめ買いも多く、高単価の商品もよく売れています。ミッドタウン店(写真下)も、気持ちよく買い物していただけるまでにはまだまだですが、環境の整ったエリアですし、数字は取れています。

ザシークレットクロゼット

――商業施設への出店に踏み切ったのは。

 1店舗主義で行こうと考えていたわけではありません。神宮前の店は、じっくり時間をかけて買い物してもらいたいというコンセプトだったんですが、少し混んできてしまったのです。便利とは言えない立地ですが、月坪効率は年間通して100万円です。最初のころから通っていただいたお客様と新しいお客様がバッティングする状況になっていました。

 また、雑誌に掲載されるなどして知名度も上がりました。ブランドの価値をキープするためには、受け皿を増やしていった方が正しいのかな、という判断です。それで、創業5年目の節目を目指して出店に動き始めたのです。観光客の商業エリアではなく、生活に根付いた、私たちがターゲットとする人たちが住んでいるエリア、オープンしてからも、うちのお客様がいるのかどうかということを条件に考えました。

 神宮前の店は依然、混んでいますが、3回に1回は来るけれど、あとは立ち寄りやすいミッドタウンで、というお客様も増えました。地方から来る方もミッドタウンが多くなっています。玉川高島屋SCもそうですが、思ったよりも30代のお客様がいらっしゃいます。

 神宮前店は不便な場所ということもあり、雑誌などを見て何回もお電話をいただくんですが、たどり着けないお客様がまだいるんです。そうした方がこれからも増えると思いますし、伸び代は大きいと感じています。スタッフの努力もあり、ここまでやって来れました。

1ページ目(全3ページ中)







こちらもおすすめ