50年後もかっこいいもの-山田あゆみさん | 繊研plus

50年後もかっこいいもの-山田あゆみさん

  • 2015年2月15日 22時17分更新

fef39b93cc2000aeb7b763c9fbb65aa8.jpg

 レディスウエア「グリード」がファンを広げている。東京、福岡の直営店や伊勢丹新宿本店など都心の店舗でも販売しているが、地方専門店からの支持が厚く、展示会場は毎回盛況だ。SNSの「インスタグラム」上では熱烈なファンによる情報交換が広がっており、自主的な交流会も生まれている。

 ブランドを手掛けているのは、デザイナー兼グリードインターナショナル社長の山田あゆみさん。自分と等身大の女性像を描きながら、ブランドとともにステップアップしてきた。

 

 

“大人になって服を1シーズンだけでは考えなくなった”

 ――「グリード」を始めた経緯は。

 以前手掛けていたブランドでは「こんなものがあったらいいのに」というアイデアを形にしていましたが、デザインの完成度を求めるようになって始めたのがグリードです。自分自身が大人になって、服を1シーズンだけでは考えなくなった。

 若い頃は今この瞬間に素敵なものを求めていたけれど、長く着られるクオリティーの良いもの、もっと安心できるものを作りたいって思うようになったんです。当時はちょうどガールズブランドがたくさん出てきた時期。若くて楽しいものを求めるのではそうしたブランドに敵わないし、自分もそういうものを求める気は無い。

 元々古着が好きだったから、「自分は古着のように何十年経っても着られるものを作っているんだろうか」って考えました。それで、何でも深く掘り下げるオタク的な気質だったこともあって素材の開発に手を出した。そこから始まったのが「グリード」です。

 

東京・神宮前の住宅街の中にある直営店

東京・神宮前の住宅街の中にある直営店

 

 クオリティーは高いけど、シンプルだし価格も高いものだから、あまり売れるとは思っていませんでした。ただ、私の作るものを買ってくださるお客様って、私と等身大で成長している方が多いんです。「自分も今ちょうどそんな気持ちだった」という人が取引先にも顧客様にも多くて、タイミング良く受け入れてもらえました。

 自分がすごく幸せだなと思うのは、長年の顧客さん達が「信じているから、自分の好きなものを作っていいよ」といってくださること。グリードを立ち上げた時はすごく不安でしたが、新しいことへの挑戦を皆さん支持してくれた。 

1ページ目(全4ページ中)







こちらもおすすめ