ファーストリテ、有明にユニクロの商売機能を移転 | 繊研plus

ファーストリテ、有明にユニクロの商売機能を移転

  • 2017年1月12日 17時06分更新

 ファーストリテイリングは、有明の次世代物流センターの最上階に2月上旬、ユニクロの商品、商売に関する機能を移転する。六本木の東京本部から、有明倉庫の最上階の1万6500平方㍍の1フロアに1000人規模の従業員が移ることになる。

 有明に移すのはMDや研究開発、生産、販促までユニクロの商品の企画、生産、販売などに関わる部署。六本木のオフィスではこれらの部署が複数のフロアに分かれていたが、これを有明の1フロアに集結させることで、商品作りや情報共有のスピードを上げ、市場でのニーズの変化をこれまで以上に迅速に商品に反映することを目指す。






ランキング


こちらもおすすめ