”お金儲けは大事。でも、楽しさがないとね” | 繊研plus

”お金儲けは大事。でも、楽しさがないとね”

  • 2015年3月18日 2時32分更新

774efd3b20b4926aa7b7c2c7e6f32b09.jpg

 「ナイキ」や「ニューバランス」などの人気商品を揃えたスニーカーセレクトショップ「アトモス」。スニーカーブームの先駆けともなった同ショップを立ち上げたのが、本明(ほんみょう)秀文社長率いるテクストトレーディングカンパニーだ。壁一面にスニーカーをずらりと並べた独特の演出手法や、名だたるブランドとのコラボレーションなど、そのユニークな仕掛けが目立つが、本明社長自身もかなり個性的な人物だ。

 

 

 

 

”商売は簡単だと思った。調子に乗ってたら罰が当たった”

 

――会社の成り立ちは。

テクストトレーディングの設立は97年です。繊維商社のカキウチで2年半、貿易業務を経験した後、立ち上げました。会社といっても家内制工業のようなもの。元手の300万円のうち半分は母、残りを僕と妻が出し、妹を加えた4人で始めました。

就職前は米フィラデルフィアの大学に通っていたのですが、その頃にフィラデルフィアとニュージャージーは靴と洋服に消費税がかからないことを知ります。そこでナイキなどの靴やウエアを安く買い付け、日本で売ろうと思いつきました。

当時は「エアフォースワン」という靴が黒人に広まっていたころ。在学中に知り合った友人宅に泊めてもらいながら、レンタカーで買い付けに回りました。そして、原宿に2.5坪(約8.5平方メートル)の「チャプター」というお店を開業。初年度から7億円を売り上げました。

次々と店舗を増やしていき、2年目に14億円、3年目には20億円くらいの規模に。「ああ、商売というのは、こんな簡単なものなんだなあ」と思うようになりました。

ところが、罰が当たります。ジャンクフードばかり食べていたので、体の具合が悪くなってしまいました。90キロほどあった体重は47キロに激減。また不動産事業も手掛けていたのですが、それで4億円ほど損を出してしまいます。

そんなとき母から「あなたは自分の才能を殺している。もう少しちゃんとやらなければいけない」と諭されました。調子に乗っていたことを反省し、まじめにやろうと心を入れ替えるようになります。

その後、23億、29億、37億円…と順調に販売を伸ばし、14年8月期の売上高は、前期比35%増の50億8000万円。今期は60億円以上になる見込みです。

 

”僕は短気。でも真反対の人が居るからバランスが取れる”

 

――スニーカーだけの店はこれまで無かった。なぜそれができたのか。

たまたまです(笑い)。ウチの会社にはスニーカー好きしか残っていません。別の言い方で言えば、「スニーカーフェチ」の人間ばかり。当社で働いて10年以上のキャリアを持ち、会社のコアになっている者が6、7人いるのですが、皆、家に300~400足ほど持っています。得たお金をスニーカーでしか残していないんです。僕なんかより、全然スニーカーが好き。

例えば「ナイキ」の別注をしている「スポーツ・ラボ・バイ・アトモス」という業態を担当している者は、靴が好きで好きでたまらないのです。そこに人生のピークがあって、エクスタシーを感じている。ところがそういう人間だけ集まっているとダメ。お金ばかりのことを考えている僕のような存在がいて、バランスが取れていると思います。

だから自分がやらなければいけないのは、マネジメント。事業が面白いかどうか、出店するかどうか、資金繰りをどうするか、などのジャッジをすることが役目です。

僕は短気で、朝令暮改もしょっちゅう。一方で、社内で真反対を行く人がいて、バランスをうまくとっています。組織なのでバランスが取れてないとうまくいかないと思っています。

――個性的な店ばかり。どうしてここまで際立たせることができるのか。

靴を扱う小売店は他にもたくさんありますが、それをまねしては面白くない。人がやっていないことをやるのが、自分たちの存在意義だと思っています。

実は僕、政治哲学をずっと勉強してきました。特に好きなのはハイデガーで、「存在とは何か」といったことをよく考えるのです。例えば、デカルトは「我思う、故に我あり」と言いましたが、ハイデガーによれば、「我の存在を問う以前に、既に我の存在を認めている」となります。

そして彼は人の〝死〟についても言及し、誰もが死に至るという、その開示性を明らかにします。そこで、僕は自分の存在を突き詰めて考えていき、こう思うようになりました。「死に至るまで僕の存在は否定できない。だから、(生きているうちに)楽しいことをしないと面白くない」と。

僕はあまり頭が良くないですし、ファッションもそこまで興味がありません。ただ一つ言えるのは、お金に対して貪欲(どんよく)であること。ここはぶれていません。でも、お金もうけの中に楽しさがないと、自分の存在意義というものがありません。

面白いと感じるのは、「靴を中心とした人との関わり」です。例えば、靴を通して人と会える・人から教えてもらえるといったところに、個人としてのプライオリティーを感じています。なぜなら人が好きだから。こんな考えなので、お店も会社も独特の雰囲気を醸し出しているのでしょう。

1ページ目(全3ページ中)

関連キーワード






こちらもおすすめ