ワールド上山健二社長「持ち株会社体制で成長加速」 | 繊研plus

ワールド上山健二社長「持ち株会社体制で成長加速」

  • 2017年2月9日 12時46分更新

ResourceView (1)

 16年度上期は2期連続の営業増益となった。複数のブランド・ショップが既存店増収を達成するなど、15年度から開始した構造改革が進展している。物流拠点の新設、ECと店頭在庫の連動など、再成長に向けた新たな取り組みも開始した。17年度からの事業持ち株会社体制への移行で、事業拡大の「確度を高める」方針だ。

 

“基本は、商品力”

 

■既存店増収を追求

――構造改革の進捗(しんちょく)は。

 利益の出やすい構造になりつつあると感じています。アパレルに対する世の中の否定的な論調に対して、そうではないということを社員の頑張りで証明してくれたと感じています。

 少子化、高齢化、生産年齢の人口減などマクロ的にみれば消費のパイは大きくはなっていません。天候要因もあるなかで、百貨店レディスブランドを中心に天候に左右されにくいMDの提案が出来てきました。

 中期経営計画を15年度からスタートするにあたり、利益を伴わない売り上げを追わないと言ってきました。赤字店舗の閉鎖、赤字ブランドの終息の結果、残っているブランド、店舗は売れれば利益が出ます。

 消費のパイが大きくはならないなかで、既存店(売り上げ)100%を達成することは非常に意味のあることです。下期は、上期以上に既存店100%に近づいている気がしています。

 ――重視してきたことは。

 商品力、営業力、そのすべてを支える人間力を高めることについて口酸っぱく言ってきました。基本は、プロバーで買ってもらえる商品を提案する商品力です。それをできるだけプロパーで販売する。あと1枚の販売に、プロパー期間はもちろん、シーズン末のセールであってもこだわる。

 そういうマージナルな努力が確実に利益を生むからです。商品力では、「Sランク」商品については責任を持って在庫を積む。その精度は上がってきています。

 ――新物流センターが16年12月に稼働した。

 これまで物流倉庫は分散していましたが、新物流センターの稼働でSCブランドの7割方の商品を集約しています。基本的には手作業だった仕分けが自動仕分けになりますから、相当な省力化になります。店頭とECの物流倉庫とは別ですが、コンピューター上は在庫の一元化、見える化は出来ています。

1ページ目(全2ページ中)







こちらもおすすめ