UA竹田光広社長「収益力の根本的な改善が最大の目標」 | 繊研plus

UA竹田光広社長「収益力の根本的な改善が最大の目標」

  • 2017年2月8日 17時30分更新

ua

 長く続いた供給過剰、オーバーストアに伴う同質化ばかりではなく、増えない所得やファッションに対する消費者の意識の変化が自社の業績に大きく影響を与えるようになったとみる。勝ち残るためには品揃えや売り方に独自の工夫、努力が不可欠と言う。

“出店立地によってMDを柔軟に組み替える”

■シーズンMDを細分化

 ――昨年はファッションが全般に売れない市場環境だった。

 企業や業種の主役が入れ替わるサイクルで言うと、今は過渡期で次を担う存在が見当たらない。消費者からすれば、どこに行っても同じモノが売られているし、ECで在庫を確認して、欲しいときに買えばいいから、実需買いも増えた。

 格差が広がり、中間層が減って差別化のためにファッションを買う必要性も薄れた。30~40代は服への投資を抑制し、吟味して買うようになった。20代は古着ミックスやオークションなど、お金をかけずにおしゃれをしようとするようになった。

 横並びでなく、身の丈に合う形で生活を楽しむようになっていて、それはある意味、生活防衛でやっている部分もある。

 ――そうした変化が業績に与える影響は。

 「グリーンレーベルリラクシング」は絶好調。「ステーションストア」も通勤、帰宅前に寄っていけるということで好調です。ECも伸びており、結局、価格と価値のバランスが取れている業態や利便性のある売り方が受けている。

 一方、「ドゥロワー」や新ブランドの「ブラミンク」もファッション好きのお客様の支持を得ていますが、これらはコアな層に向けた業態の話です。

 「ユナイテッドアローズ」「ビューティ&ユース」に関しては先ほど申し上げた消費の変化の影響を受けている部分もあり、今後修正を加えていきます。

――具体的には。

 グリーンレーベルの好調はMDの細分化が奏功した部分が大きいのですが、仕入れ商品の比率が高いユナイテッドアローズとビューティ&ユースにそれをそのままは採用できない。ただ、オリジナル商品では、ある程度それが出来ると思っています。

 同じオリジナルでもシーズン前に作り込む部分と期中の動向に応じて迅速に対応できる部分のバランスを適正化することで、仕入れ商品と当社のオリジナルの組み合わせが他店と違ったコーディネートに見える。同時に今後は、出店立地によってもMDを柔軟に組み替えていく考えです。

1ページ目(全2ページ中)







こちらもおすすめ