ファッション販売は人間力☆ | 繊研plus

ファッション販売は人間力☆

  • 2016年12月12日 6時00分更新

FotorCreated

 ワクワク・ドキドキするファッション現場にこそ、客は吸い寄せられ、購買欲をくすぐられる。しかし、最近は消費者の洋服への関心が減退しているため、どこか挑戦も提案も遠慮がちで、真のファッション好きも逃してしまっている。今こそファッション需要を喚起する「チャレンジ精神」「熱意と強い提案」「客の喜びを引き出すコミュニケーション」「モチベーション維持」が求められている。新興のブランド、地方で売る専門店に「ファッション販売に求められる人間力」を聞く。

 

〈バロックジャパンリミテッドが16年春夏から販売するレディスブランド「リムアーク」のディレクター中村真里さんは、動画再生数を競う企画「スター発掘コンテスト」でグランプリを獲得し、自身のブランドを立ち上げた。美容師から転身してわずか2年、その行動力とチャレンジ精神が際立つ〉

 

バロックジャパンリミテッド
スライ事業部「リムアーク」中村真里ディレクター

チャレンジ魂と強い押し 尽くし、学び、リアル服になる

 

ファッション販売は人間力①

 長崎出身で、福岡で美容師として働いていました。サロンが雑誌スナップ撮影に協力していたため、私もファッションに興味が移って、どうしても東京の「ザ・シェルター・トーキョー」で働きたくなったんです。15年初めにシェルター博多店に入って、すぐ異動を希望、2カ月後にそれがかないました。

 その1カ月後にコンテストを聞いて「(チャンスが)舞い降りてきた!」と勢いで応募しました。1次面接は夢を熱く語って通過。本選の動画作りは後半3カ月はネタ探しで必死でした。山に登ったり、料理したりの動画をアップしましたが、ヘアとメイク動画が好評で、再生数もぐんと伸びて(現在11万超ページビュー)、グランプリが取れました。メイクは美容師だったので得意でしたし、女性の需要と供給がマッチしました。たくさんの友達やお客にSNS(交流サイト)で、視聴のお願いもしましたね。

 

 〈販売職からディレクターへ転身したが、重要なのは「お客と熱く接する気持ち」と「リアルな女性の声に応えること」を強く意識する〉

 自分のブランドを出せるなんて、1ミリも念頭になかったです。振り返ると、きっかけは「接客」が大きい。ザ・シェルター・トーキョーは客数が大変多く、接客して試着まで行けば、シルエットや腕・腰周りでこちらが思っている以上に要望が出ます。「女性らしいラインは無理」「脚が短く見える」などなど。

 そこで「一緒に洋服を探しましょ」と、お客に尽くすんです。「こういう着方が可愛いです」と、スタイリングもせっせと組んであげると、響かない方も中にはおられますが、たいてい心を開いていただけます。

 「自分だったら、どう着るか、どんなデザインがいいか」も毎日店で考えました。スタイリングはお客の想定を上回ると、価格に関係なく全て買っていただける。それ以降、お客が「私に接客されたい」になっちゃうんです。

 リムアークのテーマ「ノームモード」は、大人女性は外見よりも内面から出るカッコよさがほしい。なので、私はトレンドよりも「じかに聞いた声をくんでいく」ことを徹底して考えています。販売員を経験していなければ、シルエットもディテールもリアルではなかったかもしれない。リムアークには「ユーザー目線のリアルな共感」がベースにあるんです。

繊研 2016/08/08 日付 19527 号 1 面

1ページ目(全4ページ中)







こちらもおすすめ