FB業界で活躍する元甲子園球児たち | 繊研plus

FB業界で活躍する元甲子園球児たち

  • 2015年3月9日 7時00分更新

FotorCreated4

《センケンコミュニティー》熱きドラマはホームラン級!

 春到来! 今年も全国選抜高校野球大会(春の甲子園)が21日から行われます。球児たちの活躍を今から楽しみにしている方も多いでしょう。というわけで、センバツ開催を(勝手に)記念しまして、今回はファッション業界で活躍する「元甲子園球児たち」をご紹介します。

 一人ひとりに熱いドラマがあり、インタビュー中の記者の胸にもぐっと熱いものがこみ上げました。いや~スポーツって、本当にいいものですね!!

 

(上段、左から)山本さん、伊崎さん、(下段、左から)水落さん、江連さん

(上段、左から)山本さん、伊崎さん、(下段、左から)水落さん、江連さん

 

本日ご登場いただくのはー

・ユナイテッドアローズ UA本部販売部副部長の山本幸正さん
・小松精練 営業1部部長兼東京営業所長の水落昭人さん
・デサント デサントブランド統括部アスレチックマーケティング部チームスポーツMD課マーチャンダイザーの江連悠次郎さん
・TSIホールディングス 執行役員事業戦略本部海外事業企画部長の伊﨑範隆さん

まずは、プロの世界にまで登りつめたこの方から。 

 

……・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………・・・

 

野球も販売も「準備と努力」

ユナイテッドアローズ  UA本部販売部副部長 山本幸正さん

◇3年生の春に甲子園に出場し、93年阪神タイガースに入団。95年にユナイテッドアローズに入社し、六本木店店長などを経て現職

現在は主に店長教育を担当。立ち姿も野球人っぽい

現在は主に店長教育を担当。立ち姿も野球人っぽい

 小学校1年で野球を始めて以来、ピッチャー一筋。複数の高校からスカウトを受けて、一番甲子園に近くて、一番厳しいと言われていた堀越高を選びました。

 練習はとにかく厳しくて、高校時代が人生で一番苦しかったですね。あまりの苦しさに、寮を脱走して実家まで20キロを裸足で帰ったこともあります。1年時に100人が入部して、残ったのは20人。野球を通して精神力が鍛えられました。社会に出て通用する人間になるための訓練だったと思います。

 甲子園の初戦は、「今大会ナンバー1の左腕」と言われた安達(元阪神)や黒田(元巨人、西武)を擁した村野工高と。初の甲子園のグラウンドに、ただただ感動して燃えました。それまで本当に苦しかったので、7対3で勝った時は人生で一番嬉しかったかもしれません。

 2回戦の相手は元ヤンキースの松井のいる星稜高。「東京ナンバー1ピッチャー対ゴジラの戦い」として、スポーツ紙にも取り上げられました。好ゲームになって、お互いに6回までノーヒットノーラン。ただ、最後の方は痛めていた右肘が悲鳴をあげていました。

 結局、松井が7回にホームランを打って、4対2で敗退しました。

 試合の一週間後に肘の手術をしましたが、どうも痛みが取れない。ドラフト5位で阪神に入団してから精密検査を受けると、そもそも靭帯が切れていたことが発覚したんです。2回移植しましたが元には戻らず、引退に。めちゃめちゃ残念でした。もっともっと野球界にいたかったですから。

 プロの頃って、18歳かそこらの若造をタニマチの大人たちがものすごくチヤホヤしてくれて、感覚が麻痺しそうになる。そこに疑問を感じて、自分がおもてなしをする側にまわりたいと思いました。

 元々服が好きで、ユナイテッドアローズ(UA)で異常なほど買い物をしていたんですが、販売員さんにすごく良くしてもらっていて、そこに感動があったんです。それで、まずはアルバイトから始めて、1年後に試験を受けて社員になりました。

1ページ目(全5ページ中)

関連キーワード






こちらもおすすめ