「継続するのは奇跡的なこと」ミナ・ペルホネン | 繊研plus

「継続するのは奇跡的なこと」ミナ・ペルホネン

  • 2015年12月7日 15時38分更新

皆川明さん

皆川明さん

新しい価値を見つけたい

バトンを渡すラストスパート

 デザイナー皆川明が率いるブランド「ミナ・ペルホネン」は今年、20周年を迎えた。詩を感じさせる柄と温かみのあるテキスタイルで、多くのファンを引きつけてきた。5月に開いた20周年記念の展覧会「ミナカケル」の初日は平日にもかかわらず1500人が来場した。ファッション業界で、ファンとともに成長しながら20周年を迎えられるブランドはそれほど多くない。スタイルを維持しながら、活動の範囲を広げ続けられる理由はどこにあるのだろう。皆川の物作りに対する考え方やブランドに対する姿勢に迫った。(青木規子)

 「自分は100年ブランドの第一走者に過ぎない」と話してきた皆川。自分たちのクリエーションを完成し、継続するため、テキスタイルや縫製など物作りに関わる〝チーム〟を大事にすることでも知られる。走り始めてからの20年で、どんな風景を見ているのだろう。

喜んでもらう物を作らないと先がない

 一緒に物を作る人との協力関係を深めながら、お互いに経験値を高めて、時間や労力を惜しまず最善を尽くして作る。そのことを一番に考えてきました。ブランドの価値は、お世話になった人との信頼関係です。お客さんには、こういう姿勢を認めてもらっているように思う。ただ、まだ20年。20周年は一つの区切りに過ぎません。

 今は、次の世代に向けたマインドを作る最後の時期と考えています。駅伝でいえば、もうバトンゾーン。ベストな走りでラストスパートに入りました。

 次を担う人たちは、もうじき自分たちがブランドを担わなければいけないと実感していると思う。僕もしょっちゅう、話していますし。将来的には僕にはできないことをさらに次の世代に受け継いで、100年企業を続けてほしい。

 経営も適切なリーダーシップで引き継いで欲しい。後継者は家族でなく、社内という考え方も珍しいかも知れません。会社が単なる商品と見なされて売買される時代ですが、会社の運営は金銭を起点にした問題にしない方がいい。もしそうなれば、物を作っていられないと思うからです。街のお菓子屋さんなどと同じ感覚で、シンプルな方がいい。その上で、引き続き、1本の木が育つように育ってほしい。毎年、年輪を重ねて、枝葉が増えて、軸になる根っこは支える分だけ太くなればいい。

 商品の開発は、ブランドを継続するためのエネルギーです。喜んでもらう物を作らないと、先がない。人が売った物で成長することはないんです。だから、新しい価値を見つけたい。

 「簡素で心地良い宿を経営すること」を将来の夢に掲げていた。「物を作ることとサービスは同じ」という発見があったからだ。ブランドのリーダーを次世代に渡してからも、様々なサポートをしながら個人の活動も広げたいと考えている。

15~16年秋冬のコートは、カットジャカードの表現を深めた新作テキスタイル「ポトフ」で仕立てた(写真=木寺紀雄)

15~16年秋冬のコートは、カットジャカードの表現を深めた新作テキスタイル「ポトフ」で仕立てた(写真=木寺紀雄)

服作りは物質を通して行うサービス

 服作りは着る人に喜んでもらえる物質を通して行うサービスです。そのサービスのあり方を多様化した方がいいと思うから、宿も考えました。ファッションとインテリア、建築といった境界はそろそろ要らないでしょう。例えば、高級ホテルではおもてなしを「してもらう」のですが、僕たちが提案したいサービスはそれぞれが楽しく過ごせる場を作ること。たくさんのベクトルを持つことは幸せなことです。ランドスケープの美しさに気づけるとか、自分がリラックスできるとか、そういう空間を提案したい。

 タスキをつないだ後も、皆の力になれるように、図案を描いたり、工場の人との関係を作ったりしていきたい。余力が生まれれば、絵を描くこともあると思う。来年4月には、デンマークの家具屋さんと皆川明として取り組んだ家具をミラノ・サローネで発表します。こうした仕事も増えると思います。(敬称略)

皆川明(みながわ・あきら)

67年 東京都生まれ
89年 文化服装学院卒業
95年 「ミナ(現ミナ・ペルホネン)」設立
00年 初の直営店を東京・白金台にオープン
04年 パリでコレクションの発表を開始
06年 毎日ファッション大賞を受賞、デンマークのテキスタイルメーカー「クヴァドラ」からオリジナルテキスタイルを発売
07年 京都に直営店をオープン
08年 ホームランドリーで洗濯できるライン「ミナ・ペルホネン・ランドリー」を発売
09年 英「リバティ」プリントの10年秋冬コレクションで皆川明のデザインを発表
13年 京都に「ガッレリア」、長野・松本に直営店をオープン。スウェーデンのテキスタイルメーカー「クリッパン」との協業を開始
14年 インテリアファブリック「ドップ」を発表
15年 神奈川・湘南Tサイトに直営店をオープン。現在、直営店は10、社員90人

(繊研 2015/08/05 日付 19292 号 1 面)

1ページ目(全3ページ中)







こちらもおすすめ