“勉強の秋”到来 英語の習得法教えて! | 繊研plus

“勉強の秋”到来 英語の習得法教えて!

  • 2016年11月4日 5時11分更新

FotorCreatedss

【センケンコミュニティー】

 秋到来!食欲の秋、スポーツの秋とも言いますが、秋は気候が穏やかで、勉強もサクサクはかどる季節です。というわけで、今回のセンコミのトピックは〝お勉強〟です。

   グローバル化が進む現代、仕事上で必要に迫られて、英語の学習に力を入れているという方や企業は非常に多いのではないでしょうか。「苦労して英語を体得した!」というファッション業界で働く方々に、経験談やノウハウを語っていただきました。

 

 

サマンサタバサプレスマーケティング部上席執行役員 世永亜実さん

ランチタイムに英会話レッスン

 

世永亜実さん

世永亜実さん

 

メールで語彙増やす

 「全然話せなかったですよ」と話すのは、サマンサタバサプレスマーケティング部上席執行役員の世永亜実さん。ミランダ・カーをはじめ、海外のセレブをブランドミューズに抱える同社では、外国人スタッフを交えてのミーティングや国外での撮影も頻繁に開かれる。世永さんが英語力を身につけねば、と痛感したのも、まさにそんなシーンに直面したからだ。

 14年前、入社したてのころに、「ヒルトン姉妹をサマンサミューズに起用するため、1人でニューヨークに行って欲しいと言われて」。通訳はいたものの、現場では「伝わらないもどかしさを感じました」。帰国後、ランチタイムに会社近くのカフェに英会話の講師を呼び、レッスンを始めた。週1、2回。「子供が産まれて時間が取れなくなるまで、3~4年は続けたと思います」。

  その後は、仕事をする中で自然に上達させていった。世永さんが1日に受信するメールのうち、3分の1が英文メール。やりとりの中で、「こういう時はこんな言い回しをするんだ!と発見があり、使える語彙(ごい)が増えていきました」。

 今は、ミーティングなどで相手の言っていることはほぼ理解できる域にまで上達。世永さんは「文法なんかは間違っているかもしれませんが、言いたいことは伝えられるようになっています」という。

 〝間違っていても〟、というのがポイント。「恥ずかしがって話さないのが一番ダメ」と力説する。「お会いしてみると、実はドイツ出身だったりと、意外にネイティブの方は少なかったりします。母国語でない同士、お互い間違っても伝わればいいよねって感じになりますから」。

 今、会社も英語教育に力を入れており、学習用スマートフォンアプリを導入する予定もあるとか。ますます語学力に磨きがかかりそうだ。

ブランドミューズとのコミュニケーションにも英語は必須(サマンサタバサプレスオフィシャルアカウントInstagramから引用)

ブランドミューズとのコミュニケーションにも英語は必須(サマンサタバサプレスオフィシャルアカウントInstagramから引用)

1ページ目(全4ページ中)







こちらもおすすめ