サミット目前!三重県出身業界人が語る | 繊研plus

サミット目前!三重県出身業界人が語る

  • 2016年5月14日 10時41分更新

FotorCreated

《センケンコミュニティー》伊勢志摩サミット開幕目前

ファッション業界の三重県出身者が語る 地元の思い出や魅力は?

 5月26、27日に、三重県志摩市で伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)が開かれます。日本でのサミット開催は、北海道洞爺湖町で開かれた08年以来。このところの世界情勢を受けて不安要素もありますが、サミットは開催地である三重の魅力を国内外に伝える絶好の機会です。開催を記念して、センコミではファッション業界の三重県出身者に、三重の思い出や魅力を語っていただきました。

●四日市市にアトリエを構えていた 「アキラ・ナカ」デザイナー ナカアキラさん

●実家は桑名市でテーラーを営んでいた クールジャパン機構社長 太田伸之さん

●津市の古着屋に通った 靴ブランド「ちゃけちょけ」デザイナー 倉田彩加さん

●「みえの国観光大使」も務める ドン小西さん

●番外編 三重のファッションビジネス あの企業のゆかりの地も…

三重地図

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

●四日市市にアトリエを構えていた
「アキラ・ナカ」デザイナー ナカアキラさん

「自分たちのクリエーションと向き合うことができた」

 

東京のアトリエも、三重と同じく緑に囲まれた環境を選んだ

東京のアトリエも、三重と同じく緑に囲まれた環境を選んだ

 

 ブランド立ち上げからの約5年、出身地である四日市市にアトリエを構えていました。立ち上げの時期って、自分たちのブランドがこれからどうしていくかを築く期間です。三重は東京から距離があって、情報が自然とは入ってこないですから、誰が何をしているかが気になりません。その分、自分たちの物作りに集中して、自分たちのスタンスでクリエーションに向き合うことができました。それが良かったと思います。

 ファッションキャピタル(パリや東京などのファッションビジネス中心地)から離れているという点で、三重は留学していたベルギーのアントワープとも近い。アントワープにもメジャーなファッションエージェントがあるわけじゃないし、モードが街に浸透しているわけでもありません。でも、ラフ・シモンズやドリス・ヴァン・ノッテンなど、ファッションのメインストリームから距離を置いて、独自の考えでやっているデザイナーはあの街をずっと拠点にしています。

 今はこれだけの情報社会だから、ある程度メインストリームの動きと足並みを揃えないといけない部分はありますが、でも迎合はしない。アントワープのデザイナーは、自分たちのスタンスで自分たちが信じることをやるのを大切にしている。そこにすごく共感する部分があります。

 三重は日帰りで行ける範囲に、和歌山、岐阜、北陸、浜松などの素材産地や、縫製工場がある点も良かったです。東京にいたらわざわざ産地まで行かずに、コンバーターの東京事務所で生地を見ますよね?でも、僕は地の利を生かして機場に直接行っていました。それは今も続いています。直接行くから、工場のアーカイブを見て、「こういう生地が作りたい」とやり取りできた。

 「三重でブランドをやっている」と工場の人に伝えると、珍しがってすごく応援もしてくれました。そういう土壌でブランドをスタートしたことが、今の土台になっていると思います。

 14年の暮れに、アトリエを東京に移しました。どんどん忙しくなって、東京への出張の移動時間を考えると、移った方がいいなと思ったんです。東京では、色んな視点を持った才能のある人たちと密に付き合えます。なんでも揃っていて、利便性が高いのが東京のいいところ。でも、何かが無いからこそ見える価値もある。その点で、地方は魅力があると思います。

 

1ページ目(全5ページ中)







こちらもおすすめ