スポーツの秋、FB企業の社内運動会 | 繊研plus

スポーツの秋、FB企業の社内運動会

  • 2015年10月3日 9時40分更新

FotorCreated

【センケンコミュニティー】思っていたよりずっと楽しい! 社員の一体感

 社員同士の交流や一体感の醸成を目的に実施する企業が増えている社内運動会。「大人なのに運動会?」とあなどるなかれ。競技で体を動かす人、声援を送る人と様々ですが、参加者は皆「思っていたよりずっと楽しい」と口を揃えます。スポーツの秋、ということで今月はFB(ファッションビジネス)企業で行われている運動会・スポーツ大会を集めました。

 

FotorCreated

★三越伊勢丹

★三井不動産商業マネジメント

★サマンサタバサジャパンリミテッド

★クラボウ

 

o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■

◆三越伊勢丹/多彩な種目、家族で楽しむ

 三越伊勢丹は8月、東京・両国国技館で従業員運動会を開いた。前身の三越、伊勢丹の両社を通じて二十数年ぶりの実施。主催は労使で運営する福利厚生団体の三越伊勢丹グループ共済会で、首都圏グループ会社の従業員、その家族ら約3500人が参加した。

 普段から店頭で多彩なイベント、催事を行っている同社だけに、運動会の種目もバリエーションに富んでいる。まず全員でじゃんけん大会を行い、優勝者による選手宣誓で開幕。その後は綱引きや障害物競争といった定番種目のほか、フォークダンスなどが続く。閉会式は有志バンドがライブを行い大西洋社長も参加。フェスさながらの盛り上がりを見せた。フィナーレは全員で心をひとつに「世界に一つだけの花」を歌いながら全員で手をつなぎ、社長、会長を含めて会場全体が大きな輪になった。

 家族揃って楽しめる工夫も散りばめた。会場の両国国技館にちなんで、時津風部屋の力士に協力を依頼。本物の力士とガチンコ勝負できる〝ちびっこ種目〟には、従業員の子供約150人が参加した。このほか会場内で縁日やアトラクションを充実させた。また「ギネスワールドレコードチャレンジ」と題し、参加者が胸の前でハートを作る記録にも挑戦。無事にギネス世界記録を更新した。

 同社の各店舗では、13年度から店舗休業日を10年ぶりに復活させて以降、2月と8月に原則2日ずつ設けている。これまで休業日には各所属部署単位でレクリエーションや工場見学などを行ってきたが、事業会社や勤務地、雇用形態を超えた従業員同士の交流を深め、一体感を醸成するため運動会を開いた。

 大西社長は「管理職から若手まで、普段は見られない表情や、仕事中とは違うコミュニケーションを楽しむ環境を作ることができた」と評価。参加した従業員からも「店長など普段あまり接することのない方と交流できた」「同僚の仕事とは違う一面を知れた」との声が多く挙がった。

応援に熱が入るチーム対抗シャトルリレー

応援に熱が入るチーム対抗シャトルリレー

参加者全員でギネス記録に挑戦。胸の前でハートを作り、無事に世界記録を更新した

参加者全員でギネス記録に挑戦。胸の前でハートを作り、無事に世界記録を更新した

1ページ目(全4ページ中)







こちらもおすすめ