【特集】大人レディス市場注目ブランド6選 | 繊研plus

【特集】大人レディス市場注目ブランド6選

  • 2017年1月20日 0時00分更新

表紙撮影協力:マッシュスタイルラボ「フレイアイディー」

表紙撮影協力:マッシュスタイルラボ「フレイアイディー」

■FRAY I.D フレイアイディー
(COMPANY:マッシュスタイルラボ)

日本の働く女性とともに、次のステージへ

徹底したクオリティーに高揚感を加えて

 

 マッシュスタイルラボのレディスブランド「フレイ アイディー」が、大きな変革に取り組んでいる。16 年は商品を基礎から鍛え直した。
次世代キャリア市場をリードしてきたブランドは、時代の変化をどう捉え、次のステージへ進むのか。

 

 「ニューモードキャリア」を掲げ、10 年にデビューしたフレイ アイディー。象徴的な異素材コンビのワンピースをはじめ、キャリア市場の新トレンドとして注目された。その後、かちっとしたスタイルから、カジュアル、ドレスアップまでさまざまなシーンで愛用されるブランドに成長。次世代キャリア市場自体も定着し、改めて「本物のものづくりが大切」と執行役員企画部長の楠神あさみさん。日本の働く女性のファッションの進化とともに、「カジュアルだけど品格があって女性らしさも楽しめる服、より良いクオリティーの服」が必要になってきたと感じている。

 

FotorCreated

 

 そこで16年は、キャリア服としての品質を徹底的に見直し、着心地の良い素材、女性を美しく見せるパターン技術などを再構築。歴史ある他社のキャリアブランドの品質をリスペクトしつつ、自分たちの表現を追求した。16年秋物展示会では、品質やものづくりの良さが伝わるベーシックな商品をぐっと増やし、ブランドの変革を印象付けた。

 

 「ブランドチーム皆の頭を一つに揃えてスタートしたかった。怖がらず、攻撃的なくらいにしっかりやらなければ、お客様にも伝わらない」という思いの表れだ。ウォッシャブル&ストレッチのジャケットにパンツ、白シャツといったベーシックラインも発売。シンプルだがどこかリラックス感のあるシルエットがフレイ アイディーらしく、店頭でも非常に好評という。

 

 こうした商品でベースを固めつつ、冬物はブランドの持つ楽しさや遊びを融合させた。バンダナ柄のロングスカートや強いイエローのアンゴラニットが売れるなど、デザインや色での高揚感が戻りつつある。さらに17年春夏へ、「自分たちが表現したいニューモードキャリア」が完成していく予定だ。

 

フレイアイディー

▲17年春コレクションでは、シアー感やツヤのある素材、ピンクやイエローの鮮やかなカラー、 オリエンタル刺繍などで女性らしさを表現した

FRAY I.D ルミネ新宿ルミネ2 TEL.03-6273-2071

 

1ページ目(全6ページ中)







こちらもおすすめ