フルラ創業90周年、切り絵の協業商品 | 繊研plus

フルラ創業90周年、切り絵の協業商品

  • 2017年1月12日 6時30分更新

ResourceView11

 バッグの「フルラ」は、17年に創業90周年を迎えることを記念し、切り絵作家の尾関幹人さんと協業したアイテムを発売する。イタリアのクラフトマンシップと日本の伝統工芸を融合したスペシャルコレクションだ。

 アイテムは尾関さんが切り絵で描いたシャクヤクの花のモチーフを入れたバッグとウォレット。シャクヤクの花言葉は「エレガントな愛の象徴」で、女性に寄り添う意味を込めた。

 バッグ「メトロポリス」はフラップにこのカットワーク。Lジップのウォレットはボディーに描いたほか、ジップのスライダーに花のチャームも付いている。

 マットなホワイトやペールピンク、シャンパンゴールド、シックなブラックがあり、バッグ7万3000円(予定価格)、ウォレット4万円(同)。4月から全国のフルラストアで販売する。

 フルラはイタリアのボローニャで創業。1号店は今も同じ場所にある。現在の店舗は世界に400以上。

ResourceView

フルラ90周年記念アイテム







こちらもおすすめ