”親孝行しなさい。それで僕らは勝ってきた” (三根弘毅・ロンハーマンGM) | 繊研plus

”親孝行しなさい。それで僕らは勝ってきた” (三根弘毅・ロンハーマンGM)

  • 2013年5月27日 16時22分更新

km1.jpg

ロンハーマンがブームだ。09年に1号店ができ、現在8店。4月にオープンしたグランフロント大阪と東京ミッドタウンの店は、行列の大盛況。他の店も平日昼から客が入っていて、カフェスペースでは子連れママがお茶する目立つ。業界の“ライフスタイル系ショップ”ばやりのきっかけを作り、海と空を感じるようなそのイメージを、どんなブランドより強いあこがれの対象にしてしまったロンハーマン。サザビーリーグ・ロンハーマン事業部ジェネラルマネージャーの三根弘毅さんに改めて、ロンハーマンとはどんな店なのか、どんなことを考えているのかを聞いた。ー2013年5月27日付け繊研新聞より

■薄まるんじゃなく、濃くなっている

--そもそもを振り返って

自分が着たい服の店です。こんな暮らしがしたい、こんな服を着てもらいたいというのを、あまり肩肘張らずに表現しました。自分が好きでやってみて、すべるのは仕方がない。でもこうしたらウケる、これを売ったら売れるだろうと始めてすべるのは、どうしようもありません。本当にいいと思っているんだから、そのままやってみようと。

僕が好きなメンバーに一緒にやろうと声を掛けて、そのメンバーがさらに仲間を連れてきて、そのまた仲間を探してくる。本気のサーファーがいたり、どんどん増えていきました。全てのことは人がやるんです。商品を選ぶのも、販売も、システムを作るのだって。販売スタッフが一番使いやすいシステムとはどんなものなのか、とか。その楽しい雰囲気がお客様に伝わればいいなあとやってきし、それでいいんじゃないかと。

人が増えたり店が増えたりすると、薄まるということが考えられるけど、仲間が増えて逆に濃くなっているんです。それが強み。普通じゃないメンバーばかりなんですが、まじめで無口よりも、遅刻してきても面白いものをやろうとしてくれた方がいい。お客様に対するときは個性の勝負だから。チーム一人一人の個性で、あったかく接する。

■店を連れ戻したい

--それが売れた。しかも大当たり

当たっちゃったんです。

僕はモードを死ぬほど勉強した。パリ、ミラノ、ニューヨークと世界のコレクションを見て、トレンドはこう、とか、ヒラヒラの付いたシャツを着たり。それを知った上で、もう片方に違う自分がいた。チャンスがあったのだとすればそれは、その世界にいながらもバカみたいにサーフィンしてたことかもしれない。モードを通り越した上で、何をやるかってことなんです。いいものはいいと言える何をするか。こんな店がいいよねっていうことじゃないかな。

一つひとつの店に気持ちを込めているんだけれども、今年はもう一度、店というものに畏敬の念を持ちたい、というのがテーマです。ブームみたいに上がってしまったことには、ブレーキをかけたい。店が自分たちから離れて、前を歩いているような感覚なんです。だから、これがあれば売れると分かっていても、僕たちは飽きたから止めればいい。売り上げが下がっても。新しい何かを、こういうものを売りたいというのを売ればいい。

もう一度立ち止まって、連れ戻したい。自分たちのやりたいことをやっているか、考えたい。ここからMD型になって行くのは違う。そういうところに行きたいんじゃない。

1ページ目(全2ページ中)







こちらもおすすめ