止まらず、ドメコンの次に進まないと | 繊研plus

止まらず、ドメコンの次に進まないと

  • 2015年9月17日 17時57分更新

エンフォルド植田さん顔アップ

 「エンフォルド」(バロックジャパンリミテッド)の快進撃が続いている。“ドメコン”(ドメスティックコンテンポラリー)市場を切り開き、14~15年秋冬からは欧州でも展示会を開催。8月末には、東京・丸の内に初の路面店を開いた。クリエーティブディレクターの植田みずきさんに今の思いを聞いた。
(本紙9月15日付け1面記事を加筆)

 

 

 

 

“立ち上げ5年を機に、固定観念をリセットしたい”

 

――12年春にスタートし、4年でここまできた。今後の課題は。
 
 来年が立ち上げ5年目なので、そのタイミングでリセットというか、ブランディングを見直します。これまで掲げてきたコンセプトを変えるわけではありませんが、新しい挑戦を続けていかないと飽きられてしまう。

 5年目というのは、そのいいタイミングだなと思って。売り上げが下がってから見直すというのでは違いますから。

 ブランドを続けていると、強みや弱みの固定観念ができてきます。それらを一度全部崩して、単純に今何が欲しくて、何が求められているのかを考え直したい。
 
 例えば、ウエストゴムのジョドパーズパンツは、ブランドの顔としてよく取り上げられる商品です。でも、うちには他にもパンツのバリエーションがある。ブランドの顔として既に認知されている商品とは別に、デザインチームが顔だと思っているものを、今後はよりしっかり伝えていきたいと思っています。

 

エンフォルド植田さん全身横

 

 価格の幅も上に広げていきたい。素材から企画を発信するというスタンスでブランドを始めましたが、使いたい素材があっても価格の制限で使えないことは多い。

 良い素材はいくらでもあるから、今よりも500円~1000円高い素材にした時にどうなるか、どう価格に落とし込んでいくか、そのバランスを探っていきます。実験的なデザインを揃えるコレクションラインの中ではなく、通常ラインの中でより良い素材を使っていきたいと考えています。

 

“市場を作り出すことが好きだし、これまでもやってきた”

 

――SPA主体のヤングアパレルメーカーのブランドでありながら、デザイナーズブランドのようにセレクトショップへの卸を行った。それが新鮮で、結果として新しい市場を生み出すことにつながった。

 元々、「バロックジャパンでありながら、バロックジャパンでないもの」を考えてスタートしたブランドです。できれば、「スライ」をやっていた植田みずきがやっているということも伏せたかった。「若い子がプロデュースしているブランド」という風に見られたくなかったし、洋服で勝負したかったですから。

 高感度なセレクトショップを開拓するために、セールス会社と契約したり、社内に営業担当を入れたわけではありません。エンフォルドを扱って欲しいと思った「バーニーズニューヨーク」などには、私が直接「どれだけ入れて欲しいか」をメールしました。

 一人の客として、どんなお店にエンフォルドがあったら買いたいかを考えてアプローチしていったんです。

 

エンフォルド植田さん顔アップ

 

1ページ目(全3ページ中)







こちらもおすすめ