【まとめ】激アツ「ヴェットモン」のA to Z | 繊研plus

【まとめ】激アツ「ヴェットモン」のA to Z

  • 2016年4月23日 5時00分更新

無題

「ヴェットモン」というブランドを聞いたことがあるだろうか?日本では「ヴェトモン」とも呼ばれ、今、世界的に最も注目を集めるコレクションブランドの一つだ。ただし、その名が聞かれるようになったのはここ1,2年の話で、日本で充分に知られているとは言えない。そのA to Zをまとめた。(写真=大原広和)

 

《早わかり!「ヴェットモン」(ヴェトモン)のA to Z・目次》

  1. 最近よく聞くブランド「ヴェットモン」とは?
  2. そのデザイナーはどんな人?
  3. 「バレンシアガ」AD就任後の初コレクションの評判は?
  4. 欧州コレクションへのインパクトは?

 

1、最近よく聞くブランド「ヴェットモン」とは?

A. パリをはじめデザイナーブランド界で今、最も注目を集めているデザイナーブランド。ここ1、2年で急速に頭角を現した。ストリートを背景にした迫力のあるビッグシルエットが代名詞だ。英語でVETEMENTS。日本ではヴェトモンと呼ぶ方が一般的。
◆16~17年年秋冬コレクション

“ビッグ&ナロー”

Vetements Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016

Vetements Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016

人気急上昇のヴェットモンは教会をショー会場に選んだ。前回(16年春夏)の迫力のビッグシルエットは秋冬のトレンド全体に影響を及ぼし、肩が大きく袖が長いボリュームシルエットを作るブランドは多い。当のヴェットモンはそこから一歩進んで、大きな肩パッドを入れたスクエアショルダーのラインと、肩の内側までショルダーラインを入れて窮屈そうにしてしまうラインの二つを出した。(小笠原拓郎)

ヴェットモンが放つオルタナティブ、グランジといった気分は今シーズンもそのままで、そこがボリュームとかシルエットとはまた別のオーラとなって表れる。ドレスに比べてテーラードスタイルを増やしており、特にスクエアショルダージャケットにミニスカートやスポーツソックスを合わせたスタイルが、グランジなのにキュートに見える。(小笠原拓郎)

《関連》16~17年秋冬パリ・コレII

 

◆16年春夏コレクション

“迫力のビッグシルエット”

 

Vetements Paris RTW Spring Summer 2016 September-October 2015

Vetements Paris RTW Spring Summer 2016 September-October 2015

ヴェットモンがパワフルなコレクションを見せた。ショルダーが張り出したテーラーリングにねじれたパンツ、オーバーサイズのワークシャツは背中にもシャツを重ねながらベアバックに仕上げている。壁紙タイルのような柄をビニールにのせて、ブーツやエプロンドレスに。肩にフリルを飾った花柄やラメのドレスも、全く甘さが感じられない迫力だ。(小笠原拓郎、青木規子)

《関連》16年春夏パリ・コレクション3

 

◆15~16年秋冬コレクション

“ストリートのゆるいシルエット強調したクールセクシー”

Gio-Vetements-RTW-FW15-Paris-5014

Gio-Vetements-RTW-FW15-Paris-5165

 

1ページ目(全4ページ中)






ランキング


こちらもおすすめ