L.A.発「絵文字?」 | 繊研plus

レポート+

L.A.発「絵文字?」

  • 藤本庸子
  • 2015年6月8日更新

この半年、ロサンゼルス(L.A.)で開催されたメンズの合同展、「アジェンダ・ロングビーチ・ショー」、「LAメンズ・マーケット」、「ベニュー・トレードショー」を取材して驚いたことは、ソックス(靴下)のブランドがどんどん増えていることです。

 

「ベニュー・トレードショー(Venue Tradeshow)」にて。「サヴィ・ソックス(SAVVY SOX)」の絵文字柄ソックス

「ベニュー・トレードショー(Venue Tradeshow)」にて。「サヴィ・ソックス(SAVVY SOX)」の絵文字柄ソックス

 

米国の、特にストリートファッションの、これまでの新興ブランドの多くは、「とりあえずTシャツでスタート」だったのですが、この1、2年で、Tシャツがソックスに替わり、と言うより、ソックスをキャンバス代わりに、個性的な絵柄をソックスに描くアーティストやデザイナーが目立っています。

 

「ベニュー・トレードショー(Venue Tradeshow)」にて。「オッド・ソックス(ODD SOX)」の絵文字柄ソックス

「ベニュー・トレードショー(Venue Tradeshow)」にて。「オッド・ソックス(ODD SOX)」の絵文字柄ソックス

 

先月、「ベニュー・トレードショー」で驚いたことは、日本語の「絵文字」が「Emoji」と、英語の言葉として普通に使われていて、取材したどのブランドも、「絵文字柄ソックスがバイヤーに大人気!」と説明していたことです。

さらに驚いたことは、取材したどのブランドのオーナーもデザイナーもセールスレップも声を揃えて、「え、Emoji(絵文字)って日本語なの? 知らなかった!」と言っていたこと。

 

「ベニュー・トレードショー(Venue Tradeshow)」にて。「フォーティーズ&ショーティーズ(40s & Shorties)」の絵文字風ソックス

「ベニュー・トレードショー(Venue Tradeshow)」にて。「フォーティーズ&ショーティーズ(40s & Shorties)」の絵文字風ソックス

 

1ページ目(全2ページ中)


藤本庸子
藤本庸子 米国ロサンゼルス在住26年のライター、藤本庸子(Yoko Fujimoto)が、愛するL.A.の表と裏の情報をお届けします。(筆者は東京出身。繊研新聞をはじめ、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど、さまざまな媒体&分野で活動中。ブログは「FromL.A.by藤本庸子」http://fromla.cocolog-nifty.com/blog)







こちらもおすすめ