L.A.で買い付けする? | 繊研plus

レポート+

L.A.で買い付けする?

  • 藤本庸子
  • 2015年12月17日更新

2008年9月のリーマンショック前後から始まった、ロサンゼルス(L.A.)の経済不調に合わせるかのように、日本からL.A. へ買い付けに来るバイヤーの数が激減しています。

しかし2015年は、L.A.に来る日本人バイヤーの姿が目立ち始めました。理由は、米国、特にL.A.で、「アスレジャー(アスレチックとレジャーを組み合わせた造語)」が流行しており、西海岸らしい新鮮な商品が増えているから。

そこで、L.A.で開催している合同展の2016年の予定を取材しました。

 

まず、ダウンタウンL.A.のファッション地区にあるショールームビル「カリフォルニア・マーケット・センター(CMC)」で2015年3月に誕生した、アクティブウエアに特化した合同展「シェイプ(1月18日~20日)」。

 

Senken Site L.A. 2016 Jan-1

シェイプ展のロゴ (提供/© California Market Center)

 

「開催場所がCMCの13階で目立たないため、開催されていることを知らなかった」、「13階まで行くのが面倒」と言うバイヤーもいて、他の合同展に比べて来場者が少なく、閑散とした雰囲気が残念ですが、L.A.発の新興アクティブウエア・ブランドを探すバイヤーには穴場。

前回からメンズのヨガパンツを展開するアクティブウエア・ブランド2社も出展しています。2016年は、水着ブランドも増やす予定です。

同じく、「CMC」で開催している合同展「セレクト(1月18日~20日)」。

 

Senken Site L.A. 2016 Jan-2

セレクト展のロゴ (提供/© California Market Center)

 

アクセサリーやバッグなど小物が多く、他の合同展に比べてやや影が薄いのですが、他州からL.A.へ進出するブランドが目立ち、時にユニークな商品に出会えます。2016年も初出展ブランドを増やす予定です。

1ページ目(全2ページ中)


藤本庸子
藤本庸子 米国ロサンゼルス在住26年のライター、藤本庸子(Yoko Fujimoto)が、愛するL.A.の表と裏の情報をお届けします。(筆者は東京出身。繊研新聞をはじめ、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど、さまざまな媒体&分野で活動中。ブログは「FromL.A.by藤本庸子」http://fromla.cocolog-nifty.com/blog)







こちらもおすすめ