オーガニックアベニューの新戦略 | 繊研plus

レポート+

オーガニックアベニューの新戦略

  • 杉本佳子
  • 2017年1月20日更新

ニューヨークでは引き続き、コールドプレスジュースの店があちこちにできている。特に店舗の増加が目立つのは、ジュースプレスとリキテリアだ。ジュースプレスはニューヨークだけで49店舗もできて、ニュージャージー、マサチューセッツ、コネチカットにもある。リキテリアは長年イーストビレッジで1店舗のみだったのが、現在はマンハッタンに9店舗、ボストンに1店舗を構えるまでになった。

 そうした中で、コールドプレスジュースの草分けでありながら、昨秋、突然マンハッタンにあった10店舗を閉めたオーガニックアベニュー。コールドプレスジュースの過当競争に破れたのかと思われたが、今年になって復活し、現在マンハッタンに6店舗を構えるまでになった。創業者が新たな投資家を見つけて再興したのだ。

 

繊研+ オーガニックアベニュー11

 

リバイバルしたオーガニックアベニューは、ロゴやイメージカラーのオレンジはそのままで、基本的なコンセプトは変わっていないが、品揃えと店内の雰囲気が変わった。特にいい雰囲気と思うのは、ブリーカーストリートにあるノーホー店だ。ストリートに面して、可愛いシーティングエリアができている。

 

繊研+ オーガニックアベニュー12

 

品揃えで最も変わったのは、スキンケアやヘアケア商品が加わったことだ。私は、この方向性は理にかなっていると思う。コールドプレスジュースを買いにくるお客さんは、健康や美容にとても関心が高いはず。従って、ジュースでなくてもそうしたお客さんたちが興味のありそうな商品は、本来のジャンルとは違っても積極的に取り入れていいと思う。

「ジュースを売る」ビジネスから、「健康と美しさを求める女性たちの需要に応える」ビジネスへ。創業者の考えは元々そこにあったのかもしれないが、新しい品揃えでそれがより明確になったと思う。

1ページ目(全2ページ中)


杉本佳子
杉本佳子 89年秋以来、繊研新聞ニューヨーク通信員としてファッション、ファッションビジネス、小売ビジネスについて執筆してきました。2013 年春に始めたダイエットで20代の頃の体重に落とし、美容食の研究も開始。でも知的好奇心が邪魔をして(!?)つい夜更かししてしまい、美肌効果のほどはビミョウ。そんな私の食指が動いたネタを、ランダムに紹介していきます。また、美容食の研究も始めました(ブログはこちらからどうぞ。http://yoshikoliciousbeauty.blogspot.com/)。







こちらもおすすめ