パリで今見るべきアート | 繊研plus

レポート+

パリで今見るべきアート

  • 松井孝予
  • 2017年1月11日更新

Exhibition 1
近代美術のアイコン シチューキン・コレクション

「このコレクションを見たら、世界が変わるでしょう」と発言したのは、ロシア人セルゲイ・シチューキン(1854ー1936)の孫、アンドレ=マルク・ドゥロック・フーコー氏だ。この格言(と勝手に格付けしてしまうが)の「このコレクション」とは? フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(FLV)で開催中の展覧会「近代美術のアイコン シチューキン・コレクション」を指す。

モスクワの国立プーシキン美術館とサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館が所蔵するセルゲイ・シチューキンのコレクション、モネ、ドガ、ロートレック、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、マチス、ピカソをはじめとする巨匠たちの作品130点が1948年以来初めて、FLVに一堂に展示されている。

これまで誰もが果たせなかったプロジェクトがここでついに現実のものとなった。彼の孫は同展の会見で、何度も何度も「ミラクルを越えた展覧会」とエモーションを表し、コレクションが与える見る人に与える感動のスゴさを説いた。芸術の力はそういうものだ。

 

■モスクワの大実業家シチューキンのアートコレクション

 

芸術家には、彼らの才能を見抜くことができる影響力のある大物コレクショナー必要だ。マチスやピカソも例外ではない。最初から有名な絵描きなんていないのだから。

アートコレクターに大実業家が多いのは、はやり先を見抜く眼があり、例えば若手ブランドに投資するように、これから大きくなる才能を育てる心が必要とされるから、なのではないだろうか。

セルゲイ・シチューキンは、テキスタイル取引業のイワン・シチューキンを父にモスクワに生まれる。10人兄弟のうち一番出来がよく、1890年に父の事業を継ぎ、他にも数々の商売で成功を重ね、「モスクワの商業大臣」と呼ばれるようになる。

大実業家となった彼は、当時パリに住んでいた印象派のコレクターだった弟を訪ね、そこのサロンに出入りしていた画家たちと知り合いとなり1898年、初めてモネの絵画を購入した。

これがきっかけとなり、ドガ、ロートレック、モーリス・ドニ、ピサロ、ルノワールらの作品、1903~1914年にゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン(16点)、マチス(47点)、ピカソ(50点)の作品を次々とコレクションに加えていった。

この収集には、1906年に息子が自殺、1907年に愛妻が病死という悲しい背景がある。この2つの肉親の死後、シチューキンはモスクワにコレクションを遺贈することに決め、シナイ半島のギリシア正教会の修道院に数ヶ月間身を寄せる。

そしてその帰りにパリに寄り、マティス、ピカソらの作品に出会い当時のアヴァンギャルディストたちの絵のコレクション。マティスには自宅(トルベツコイ宮殿)のサロンを飾る『ダンス』と『音楽』をコミットメントした。

写真1 (1)

Paul Gauguin Ahe oé feii ( Eh quoi, tu es jalouse ? ), été 1892 ⒸMoscou,Musée d’Etat des Beaux-Arts Poushikine

1ページ目(全4ページ中)


松井孝予
松井孝予 仏蘭西は1日にして成らず。同居犬ジャック・ラッセルたち並の嗅覚を持つパリシェンヌ(パリ犬)になりきって、この国の奥深さをサラッとお伝えしていきます。 まつい・たかよ 締め切りから解放されたい欲望からトーキョーの出版社勤務にピリオドを打ち、職ではなく食を求めパリに来たはずなのに… 美食だけの人生は許されず(当たり前)、センケンの通信員をしています。締め切り+時差の皮肉な運命に逆らわず、仕事と食歴磨きに励む毎日です。






ランキング


こちらもおすすめ