ヨーロッパブランドの販売3 | 繊研plus

レポート+

ヨーロッパブランドの販売3

  • 坪内隆夫
  • 2017年1月10日更新

クリスマスが終わり正月も明けると、1月10日からフィレンツェでメンズの展示会PITTI UOMOが始まり、その後すぐにMILAN、PARIS MENS FASHION WEEKと続きます。ちょうどMILAN MENS FASHON WEEKが始まるころからレディースのプレコレクションの販売も始まります。

メンズとレディースが同時に販売になるので、いくつかのブランドを掛け持っているとアポが重なってしまい、一方のアポに行けない場合も結構出てきます。ただ、海外に慣れているバイヤーの方のほとんどは、英語、まれにイタリア語もでき、ブランドのスタッフとコミュニケーションが取れるので、そういった時には仕方なく、ブランドのスタッフに販売を任せます。

こんな感じで、セールスキャンペーン中の一番忙しい時には一人ではこなせきれないくらいのアポが入ってきますが、セールスキャンぺーンが終わると結構ゆっくり時間が取れます。

どちらにしてもヨーロッパとアジアでは時間差がありますし…。インターネットさえ使える場所にいれば、どこにいても仕事ができるので、南国の島に行ってのんびりしながらの仕事も可能です。まだ、そんな身分ではありませんが。

 

ということで、今はちょうどAW2017の販売のプログラミングをし、メンズとレディースのバイヤーに次のコレクションを見に来てもらえるようにコンタクトを取っている最中です。ファッションウィークに入ってしまうともうアポも取ることはできないので、販売が主になります。

そのために、事前にたくさんアポを取っておかなければなりません。最近はパリのテロの影響もあり、バイヤーの出張期間も短くなっているようなので、かなり早い時期にアポを取っておく必要があります。

そんな感じなので、今の時期のように新規のお店を探し、そこにコンタクトを取ってコレクションを見てもらえるようにアポを入れるという仕事の方が、セールスキャンペーン中より逆に忙しかったりします。

 

■今特に力を入れているブランド「ALBINO TEODORO」

 

写真C

 

1ページ目(全2ページ中)


坪内隆夫
坪内隆夫 つぼうちたかお 東京モード学園デザイン学部卒業後渡英、1年後に渡伊。デザイナーとして活動をはじめ、ミラノにてオーダーショプ「TAKAO MILANO」をオープン。2004年2月から2007年9月まで年に2度、ミラノ市の協賛を得て、ミラノファッションウィーク開催中に新人デザイナーを中心とした展示会UPSIDE MILANOを主催。その後、ミラノのショールーム、ファッションガイドブックへのコンサルタントを行い、2012年1月のPITTI UOMOから日本のメンズブランドのヨーロッパでのセールスプロモートをするプロジェクトJAY PROJECTを開始する。






ランキング


こちらもおすすめ