ツイードラン・ビシュウ・ハンダ | 繊研plus

レポート+

ツイードラン・ビシュウ・ハンダ

  • 浅岡達夫
  • 2016年12月27日更新

いささか報告が遅くなりましたが、12月3日(土)に愛知県半田市で行なわれた、「ツイードラン・ビシュウ・ハンダ」。今回は繊研チームとして、浅岡達夫、神谷正勝の二人が自転車を持ち込んで参加いたしました。

 

瀧定名古屋賞はツイード製バッグ

瀧定名古屋賞はツイード製バッグ

 

英国チャールズ皇太子提唱の「キャンペーン・フォー・ザ・ウール」の公式行事として、英国ロンドンから始まりましたツイードラン。東京に続いて名古屋も、の本での公式ランに認定され、今年が4回目となりました。

 

豊島賞は恒例になったサイクリング車

豊島賞は恒例になったサイクリング車

 

尾州産地の機屋さんや繊維専門商社さんなど尾州産地関係者だけでなく、ツイードやファッション好きの一般の方々も参加されました。

 

モリリン森正志社長はモリリン賞として「wjk」ブランドのウールジャケットを贈呈

モリリン森正志社長はモリリン賞として「wjk」ブランドのウールジャケットを贈呈

 

スタートは元はカブトビール工場だった赤レンガ建物。新美南吉の生家、記念館を回って、ミツカンミュージアム、日本酒「国盛」記念館など経て、再び赤レンガ建物に帰る10キロのコース。

 

チーム尾州賞は尾州産地生地を使った高級マフラー

チーム尾州賞は尾州産地生地を使った高級マフラー

 

椙山女学院大学チームや専門商社のデザイナーの方々など、女性も沢山参加されました。

 

昨年に続いて椙山女学院大学学生によるファッションショーが開かれました。

昨年に続いて椙山女学院大学学生によるファッションショーが開かれました

 

10キロのラン終了後は英国風にティー・パーティー。そこで栗野宏文実行委員長からベストドレッサーが紹介されました。

 

ベストドレッサー賞はツイード製のエプロン

ベストドレッサー賞はツイード製のエプロン

 

ベストドレッサーは昨年に続いてタキヒヨーから。和やかな歓談は夕方まで続きました。初回から運営と参加の主軸を担っているチーム尾州の皆さん、専門商社の皆さん、参加された皆さん、お疲れさまでした!

 

タキヒヨー賞は滝一夫社長がゴルフブランド「ZOY」のコートを進呈

タキヒヨー賞は滝一夫社長がゴルフブランド「ZOY」のコートを進呈


浅岡達夫
浅岡達夫 あさおかたつお ウールを中心とした動物繊維の取材が長くなりました。英国が発祥のウールやカシミヤ、モヘアなどの動物繊維の産業は、奥深いものがあります。欧州人が愛してきた動物繊維のあれこれ、かつては世界最大のウール産地であった尾州産地の話。時々紹介できれば幸いです。







こちらもおすすめ